トップページ暮らし床と壁との取り合い部分で充てん断熱工法のミスを防ぐ方法。

暮らし

こんにちは、ラバスト木村です。

今回は、断熱施工の注意点として、ミスが発生しやすい場所(床と壁との取り合い部分)の説明を致します。

断熱の施工で見落としがちなのは、空気の流れに関する視点です。結露のトラブル防止では最も重要なポイントです。

具体例をいいますと、充填断熱工法で施工をした場合、木造軸組み住宅では、壁内が床下や天井裏と繋がっています。室内で暖房すると壁内の空気が暖まり、上昇気流が生じてきます。

床下等から空気が壁内に吸引されて、壁内や小屋裏での結露のトラブルになります。

こうした結露の防止策として、壁につながる床や天井との取り合い部分に空気の流れを止めるものを取り付けることが重要です。

その方法は乾燥木材や断熱材の端材を使用して空気の流れを止めることです。

剛構造の場合は、床合板自体が空気の流れを止める役割を果たします。そのほかの方法として、壁面に機密シートを軒桁から土台まで先張りし、気流を止める方法もあります。

特に、間仕切り壁の時は気流止めの工事が忘れやすくなるので、充分注意して下さい。いずれの壁にしても内装下地材の工事後は見えなくなるので、工事管理は重点的にチェックして下さい。
トラックバックURL
運営ポリシー
住宅ローンの危険度を知り、住宅ローン・欠陥住宅にだまされない為の情報提供。



人気ブログランキングへ

住宅ローン・欠陥住宅@情報
 無料レポート