トップページ暮らし階段下や床の間下で充てん断熱工法のミスを防ぐ方法

暮らし

こんにちは、ラバスト木村です。

今回は充填断熱工法でのミスが発生しやすい場所という事で、階段下やとこの間下の断熱材の入れ忘れについて注意を喚起します。

木造軸組住宅で一階部分のゆかに断熱材を入れる工事をするには、ネダや大引きの間に入れるのが一般的ですが、場所によっては根太がない場合があります。

たとえば、一階ゆかで階段や床の間または押入でネダを設けていない場合があります。このような場所では、現場の施工者に断熱工事の知識が不足していますと断熱材を入れ忘れてしまうことがあります。

そのまま気付かずに床下地を張ってしまうと、断熱材が入っているのかどうかわからなくなってしまいます。断熱層に穴が開いた状態になり、断熱性能が大きく低下します。

このような場所があるときは、断熱材の受け材としてネダを設ける必要があります。現場の施工者との細かな打ち合わせ手順の確認をする必要があります。
トラックバックURL
運営ポリシー
住宅ローンの危険度を知り、住宅ローン・欠陥住宅にだまされない為の情報提供。



人気ブログランキングへ

住宅ローン・欠陥住宅@情報
 無料レポート