トップページ暮らしユニットバス下まわりで充てん断熱工法のミスを防ぐ方法

暮らし

こんにちは、ラバスト木村です。

今回は充填断熱工法でのミスが発生しやすい場所としてユニットバス周りの断熱材についてお知らせします。

ここの断熱工事で間違いやすいのが、段取りのミスによる断熱材の張り忘れです。

一般的に断熱工事は木工事の後に施工しますが、断熱工事まえにユニットバスを搬入してしまい、その背後になる部分に断熱材を取り付けるのを忘れてしまう。

これが断熱層の欠損部分を生じさせてしまう原因になります。

ユニットバスや断熱材の搬入の段取りなど、工程管理をしっかり組まなくてはいけません。

一つの予防策として、浴室下の基礎の内周部を先に断熱工事をしてしまうやり方があります。基礎コンクリート打設時に、ボード系断熱材を先に取り付けて一体化させる方法です。

ではまた!



トラックバックURL
運営ポリシー
住宅ローンの危険度を知り、住宅ローン・欠陥住宅にだまされない為の情報提供。



人気ブログランキングへ

住宅ローン・欠陥住宅@情報
 無料レポート