トップページ暮らし繊維系断熱材のメーカー別長所・短所(採用者の声)

暮らし

こんにちは、ラバスト木村です。

今回は繊維系断熱材をメーカー別に比較して、その長所と短所を採用者の感想を通して紹介します。

まず、繊維系断熱材が何種類あるか箇条書きに書きます。

 ・ホームマット(ニチアス)
 ・ポリカットQ105(マグ)
 ・ダンレーマット(日東紡)
 ・マットエースMA10(旭ファイバーグラス)

●ホームマット(ニチアス)採用者の感想

・この製品と日東紡の「ダンレーマット」はいずれもロックウール 断熱材だが、ホームマットのほうがダンレーマットよりも硬く、 繊維が太いようだ。

・ホームマットは形状保持能力が優れているように感じる。ダン  レーマットは、若干、施工時のカットや充てんがしやすい。

●ポリカットQ105(マグ)

・ローコストで優れたQ値を比較的簡単に実現するには、最高の製 品だと思う。(ボード気密工法を前提とした場合)

・ただし、内側の防湿層と外側の気密層をきちんと理解した、設計 者及び施工者以外は使わない方が無難かもしれない。

●ダンレーマット(日東紡)

・つぶした後の復元力が小さいため、施工時に押し込むと元に戻り にくい。窓まわりなどでは施工精度を確保しにくい傾向がある。

・製品にもよるが、高性能グラスウールの方が全般にコシがあり、 緻密な断熱工事がしやすい。

●マットエースMA10(旭ファイバーグラス)

・温暖地域では、一般的なグラスウール10Kタイプである。

・木造在来工法においてグラスウール充てん工法は、適切な工事を すれば、価格と性能のバランスがとれる材料だと思う。

・しかし、仮に防湿シートを破っても補修を徹底するという作業が 出来るかどうかがポイントだろう。出来ないということを前提と するなら、他の工法や材料を考えなければならない。

・一般的な断熱材としては、コスト面からいっても無難だと思う。 ただし、筋交いなどがある場合はちょっと入れずらい。

<旭ファイバーグラスからの情報>
・グラスウールに発がん性の心配はありません。世界保健機構の下 部組織である国際がん研究機関は、人に対する発がんリスクの分 類において、紅茶・ナイロンなどと共にグラスウールを「人発が ん性に分類されない」グループ3に分類しています。

・ただ、グラスウールも一般の粉じんと同様に異物なので、作業者 は防塵マスクなどの保護具を着用するなど、吸引しないような対 策を講じる事を推奨します。

・袋入りグラスウールを覆っているフィルムのうち、室内側のフィ ルムは湿気の侵入を防ぐ防湿層です。

・壁の場合、柱と間柱あるいは間柱と間柱の間に寸法のあったグラ スウールを充てんして防湿フィルムの耳を重ねた後、見つけ面に タッカーなどで留め、施工します。

・そうすることで、防湿層を連続させ、グラスウールへの湿気の侵 入を防ぎます。防湿フィルムが損傷した場合はテープで補修しま す。これで、壁体内結露は防止できます。

・万一、湿気が侵入しても、防湿層以外のフィルムには湿気を逃が すための穴が沢山開いており、湿気は排除されます。

・このフィルムは防湿層でないため、施工上の理由で切ったり、破 ったりしても問題は生じません。

・以上のような正しい施工と共に、壁体内の湿気排出を確実にする ため、グラスウールの外側に通気層を確保することもお勧めしま す。●マットエースMA10(旭ファイバーグラス)








トラックバックURL
運営ポリシー
住宅ローンの危険度を知り、住宅ローン・欠陥住宅にだまされない為の情報提供。



人気ブログランキングへ

住宅ローン・欠陥住宅@情報
 無料レポート