トップページ暮らし断熱改修する場合の注意点

暮らし

こんにちは、ラバスト木村です。
今回は断熱改修する際の注意点について、お話しようと思います。

まず、第,防分的な改修は効果がない。と言えると思います。

・予算の都合上、外壁だけとか、普段使う部屋だけといった、部分 的に断熱改修する場合がありますが、このような改修はほとんど 全く効果がないと思った方がよいと思います。

・木造戸建て住宅では、一般的に断熱改修の対象部分として床下・ 壁・小屋裏・窓の4か所を挙げることができます。これらすべて の部分を改修することが大切です。

・次世代省エネ基準が示す効果の目安は、この4か所の部分を満た した場合の事です。

第△法換気設備の見直しが必要です。

・断熱改修では、住宅の気密性能も高まり、その結果として既存住宅の換気設備は、必要な換気量が確保できなくなるケースが出てきます。

・また、換気量が不十分だと湿気が抜けにくくなり、結露を生じ室 内の空気が汚れてきます。

・改修後に換気量をチェックし、不足しているのであれば、換気設 備を増設しなければなりません。

・トイレや浴室等の既存のファンを常時使って対処をする場合もあ りますが、24時間換気設備に取り換えるのが一般的に行われてい ます。

・さらに、断熱改修後は石油ストーブ等の開放型暖房器具や半密閉 型のガス燃焼機器を使用してはならない。

・この種の器具は結露の温床になるうえ、高補修タイプのレンジ  フードと併用すると給気量が不足して、不完全燃焼を起こす場合 もあります。

第に、断熱改修後には生活習慣を変えなければいけません。

・つまり、どういう事かというと、既存住宅で石油ストーブ等の開 放型暖房設備を使用していた場合は、改修後は絶対に使わないよ うにします。

・石油系燃料を燃やす過程では化学反応で水分が発生します。その ため、気密性能が向上した断熱改修後の住宅では、結露のトラブ ルが生じやすいです。

・断熱改修後は、冷暖房効率が改修前よりも向上するので、冷暖房 設備の使用方法も見直さなければならないですね。

トラックバックURL
運営ポリシー
住宅ローンの危険度を知り、住宅ローン・欠陥住宅にだまされない為の情報提供。



人気ブログランキングへ

住宅ローン・欠陥住宅@情報
 無料レポート