トップページ確認申請を通す条件水路や道路などで分断された敷地は、「一団の土地」ではない!

確認申請を通す条件

水路や道路で分断された敷地は
「一団の土地」とはみなされないと建築基準法ではなっています。

「一団の土地」は一つのまとまった土地の事を言います。
「一団の土地」として考えら得る条件は、
1、道路・河川などで隔てられず、連続した土地であること。
2、敷地内建築物と用途上不可分な関係にあり、共通の用途であること。

しかし、水路で分断された敷地は除外規定があります。

その時のポイントは
二つの敷地を行き来できるように水路の上に橋を渡し、
継続してその橋が使用できるように専用許可を取るなどの対応をすれば、
「一団の土地」とみなされることもあります。

運営ポリシー
住宅ローンの危険度を知り、住宅ローン・欠陥住宅にだまされない為の情報提供。



人気ブログランキングへ

住宅ローン・欠陥住宅@情報
 無料レポート