トップページ確認申請を通す条件建築基準法上、接道していない敷地でも建物を建てられるか?

確認申請を通す条件

正解は
接道していない敷地や、接道条件を満たしていない敷地でも
公園などの広い空地に接している場合は、
法43条1項ただし書き許可を受けることで建てられます。

・「法43条1項ただし書き許可」とは、
交通・安全・防火・衛生上支障がないことを特定行政庁が認め、
建築審査会の同意を得て初めて許可となります。

☆法43条1項ただし書きによる許可を受けられる場合
(特定行政庁により許可基準は異なる。)

”員4メートル以上の農道、臨港道路、林道、河川などの
管理用道路、私道(法42条1項3号以外)など、
道路と同等の機能があるものに2メートル以上接していればよい。

∨43条1項ただし書き許可を一度受けていても、
新たに増築などを行う場合は、再度許可を受ける必要がある。

水路の幅や橋の幅など、許可の基準は
特定行政庁によって異なる。
運営ポリシー
住宅ローンの危険度を知り、住宅ローン・欠陥住宅にだまされない為の情報提供。



人気ブログランキングへ

住宅ローン・欠陥住宅@情報
 無料レポート