トップページ確認申請を通す条件建築基準法上、バルコニーが床面積に算入されない条件

確認申請を通す条件

こんにちは、ラバスト木村です。
今回はバルコニーの床面積算入に関する話です。

外気に有効に開放された(下記´△両魴錙
バルコニー部分は、先端から2メートルまでは床面積に参入しません。

[拊篭界線からの離隔距離を1メートル以上確保する。
⊆蠅垢蠑緝瑤粒口部が確保されていること。
 h1≧1.1mかつh1≧1/2×h2
 h1=手すり上部の開口部高さ
 h2=バルコニー床上部からバルコニー天井までの高さ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・
その他各種バルコニーの床面積の扱い方法

A.建物との隔離距離が2m未満の場合、その部分のバルコニーは床面積に入れる。

B.ルーフバルコニーで屋根のない部分は、床面積に参入しない。

C.コの字型バルコニーの場合、引っ込んでいる部分の幅は2m以上確保する。
また、敷地境界から引っ込んでいるバルコニーの手すり面までの奥行きは、
行政庁で距離を定めている場合もあります。

運営ポリシー
住宅ローンの危険度を知り、住宅ローン・欠陥住宅にだまされない為の情報提供。



人気ブログランキングへ

住宅ローン・欠陥住宅@情報
 無料レポート