トップページ確認申請を通す条件建築基準法上、隣地斜線の後退距離とは?

確認申請を通す条件

こんにちは、ラバスト木村です。
きょうは隣地斜線における後退距離についての説明です。

建築基準法上、隣地における高さ制限が設けられています。
その法律は基準法56条1項2号に載っています。

具体的に説明していきます。
隣地斜線の後退距離とは、高さが20mあるいは31mを超える部分の外壁面と
隣地境界線との最短水平距離のことを言います。

20mは住居系用途地域で、31mは商業、工業系用途地域に設定されています。
20m(31m)を超える部分の外壁面とは例えばバルコニー等があればその先端になります。

もちろん20m(31m)を超えない部分は後退距離はありませんから、
そのライン(後退距離)での建物の形状は変わりますね。

敷地が内側に引っ込んでいるような形状に変形している場合の後退距離は
建物(高さ20mまたは31mを超えるぶぶん)に一番近い敷地(地点)からの距離が後退距離となります。

以上が隣地斜線の後退距離の考え方でした。
トラックバックURL
運営ポリシー
住宅ローンの危険度を知り、住宅ローン・欠陥住宅にだまされない為の情報提供。



人気ブログランキングへ

住宅ローン・欠陥住宅@情報
 無料レポート