トップページ確認申請を通す条件建築基準法上、水路・公園などに接する場合の隣地斜線緩和

確認申請を通す条件

こんにちは、ラバスト木村です。
今回は水路・公園などに接する場合の隣地斜線の緩和について説明します。

この場合の緩和には仝園・河川等による緩和飲みの場合と
公園・河川等による緩和+建物後退による緩和があります。

,両豺腓領拊篭界線はは公園・河川等の幅の1/2だけ外側になります。
 その地点から立ち上げたラインが斜線制限ラインになります。
 斜線制限ラインは20m(31m)立ち上がり、その地点から1.25(2.5)/1の傾きで斜線が引かれます。
 その内側まで建物が建てられます。

△両豺舂拊篭界線は(公園・河川等の幅の1/2)と(建物後退した寸法)との和の合計距離点となり、
 その地点から立ち上げたラインが斜線制限ラインになります。
 斜線制限ラインは20m(31m)立ち上がり、その地点から1.25(2.5)/1の傾きで斜線が引かれます。
 その内側までたてものが建てられます。

関連する法規の条文を記しておきます。
 法56条1項、6項:隣地による高さ制限。
 令135条の3第1項:隣地との関係についての高さ制限の緩和。
 令135条の3第2項:特定行政庁による地盤面の指定。
トラックバックURL
運営ポリシー
住宅ローンの危険度を知り、住宅ローン・欠陥住宅にだまされない為の情報提供。



人気ブログランキングへ

住宅ローン・欠陥住宅@情報
 無料レポート