トップページ確認申請を通す条件建築基準法、北側斜線の考え方

確認申請を通す条件

こんにちは、ラバスト木村です。
今回は北側斜線の考え方を説明致します。

北側斜線制限とは建物から前面道路の向かい側の道路境界線または
隣地境界線までの真北方向の範囲において
一定勾配の斜線などにより建物高さが規制されることをいいます。

斜線を引く位置と高さは用途地域によって違います。

・第1種低層住居専用地域と第2種低層住居専用地域では
 高さ5mの地点から1.25/1の勾配以内での範囲で建物の建設が許されます。

・第1種中高層住居専用地域と第2種中高層住居専用地域では
 高さ10mの地点から1.25/1の勾配以内での範囲で建物も建設が許されます。

緩和事項として北側斜線制限を受ける部分と受けない部分があります。

建物最上階の手すりで通風・採光の影響が少ない縦格子状の場合、
建物の高さには算入しなくてもよいそうです。

しかし、日照への影響がある塔屋などは高さに算入されるので注意してください。
また、高度地区というのがありますが、北側斜線制限とは扱いが異なります。

 関連法規条文を載せておきます。
 法56条1項3号:北側隣地による高さ制限
 高度地区:市街地の環境を維持し土地利用の増進を図るため、
      都市計画法で建築物の最高限度が定められており、
      特定行政庁どとに制限内容が異なります。
トラックバックURL
運営ポリシー
住宅ローンの危険度を知り、住宅ローン・欠陥住宅にだまされない為の情報提供。



人気ブログランキングへ

住宅ローン・欠陥住宅@情報
 無料レポート