トップページ確認申請を通す条件建築基準法上、敷地北側が水面に接する場合の北側斜線の緩和

確認申請を通す条件

こんにちは、ラバスト木村です。
今回は敷地北側が水面に接する場合の北側斜線の緩和についての説明です。

例えば
)迷Δ貌始がある場合の北側斜線制限
  敷地北側が道路に接する場合、その道路境界線の向かい側
  の道路境界線を隣地境界線とみなすことができる。

∨迷Δ貌始と水面などの空地がある場合の北側斜線制限
  北側道路の向かい側に水面などの空地がある場合は、
  空地の幅の1/2のところが隣地境界線とみなすことができる。

´△遼迷ξ拊篭界線から5m(10m)上がって1.25/1の傾きの線
以内に緩和されることになります。
しかし、この部分は北側斜線よりも道路斜線のほうが厳しくなる場合もあります。
トラックバックURL
運営ポリシー
住宅ローンの危険度を知り、住宅ローン・欠陥住宅にだまされない為の情報提供。



人気ブログランキングへ

住宅ローン・欠陥住宅@情報
 無料レポート