トップページ北側斜線建築基準法、敷地が隣地より低い場合の北側斜線の緩和

北側斜線

こんにちはラバスト木村です。
今回は敷地が隣地より低い場合の北側斜線の緩和ついて説明します。

具体的に2つに分けて説明します。
)迷ξ拊呂塙眥禳垢ある場合
北側の隣地の地盤面がHm高い場合の建築基準法上の地盤面は、
(H−1m)/2だけ敷地の地盤面が高いところにあるとみなします。
H≧1mの場合です。
(H−1m)/2だけ緩和されるということになります。

この場合の北側斜線は隣地境界線から5m(10m)+(H−1m)/2
立ち上がって傾斜1.25/1の斜線内となります。

次に
∨迷ζ始の向かい側隣地と高低差がある場合
北側の隣地が道路を越えてHm高い位置にある場合の建築基準法上の地盤面は
(H−1m)/2だけ敷地の地盤面が高いところにあるとみなします。
H≧1mの場合です。
(H−1m)/2だけ緩和されるということになります。

この場合の北側斜線は向かい側の道路境界線から
5m(10m)+(H−1m)/2
立ち上がって傾斜1.25/1の斜線内となります。

注1)特定行政庁などによっては、高低差のある地盤について
   規則細則などにより別途定められている場合があります。
注2)カッコ内数字は中高層住居専用地域の場合

関連法規条文として、
法56条1項三号、6項:北側隣地による高さ制限
令135条の4:北側の前面道路または隣地との関係についての
         各部分の高さ制限の緩和
トラックバックURL
運営ポリシー
住宅ローンの危険度を知り、住宅ローン・欠陥住宅にだまされない為の情報提供。



人気ブログランキングへ

住宅ローン・欠陥住宅@情報
 無料レポート