トップページ確認申請を通す条件建築基準法 敷地内に他の建物がある場合の「延焼のおそれがある部分」の考え方

確認申請を通す条件

こんにちは、ラバスト木村です。
今回は敷地内に他の建物がある場合「延焼のおそれがある部分」はどこになるのかと言うことの説明です。

ここに他の建物とあるのは、延べ面積が500屬鯆兇┐觀物を言うのであり、
500岼焚爾侶物は別棟があっても1棟とみなすことができます。

そのことを踏まえた上で、敷地内に複数のほかの建物がある場合、
双方の建物の外壁間の中心線から、
1階は3m以内、2階以上は5m以内の範囲が延焼のおそれのある部分となります。
バルコニーや庇の先端は建物の外壁にはなりません。

次に
,箸靴瞳物の外壁が平行でない場合
 外壁間の中心線の取り方は外壁どうしの傾き(何度になるか)の1/2のラインを中心線とし、
 そのラインから3m以内を1階の、また5m以内を2階以上の延焼のおそれのある部分となります。

∩佇の建物の外壁長さが異なる場合
 例えば2棟の建物が平行に立っている場合、
 外壁間の中心線は外壁長さが短い建物+短い建物の角から45度の角度でラインを引いた線と中心線との交差した
 点から45度ラインに直角に線を引く、そのラインを中心線とするということです。

関連法規条文として、法2条6号を上げておきます。
以上です。
トラックバックURL
運営ポリシー
住宅ローンの危険度を知り、住宅ローン・欠陥住宅にだまされない為の情報提供。



人気ブログランキングへ

住宅ローン・欠陥住宅@情報
 無料レポート