トップページ確認申請を通す条件建築基準法上、屋外避難階段に通じる出入口以外の開口部の制限範囲についての解説

確認申請を通す条件

こんにちはラバスト木村です。
今回は屋外避難階段に通じる出入口以外の開口部の制限範囲について説明します。
この建築基準法のポイントは平面的だけでなく、立体的に考える必要があります。

関連法規条文として令123条2項:屋外避難階段の構造という条文があります。

まず第1に屋外避難階段の平面で、
階段の形状から2mはなれたところにラインを引きます。
その範囲内には階段に通じる出入口以外の開口部は設けてはいけません。
ただし、開口面積≦1屬遼媛仞瀏(はめ殺し戸)は設置できます。

第2に屋外避難階段を立面図から見て、
屋外避難階段の床面から2m以内に開口部を設置できません。
ただし、2mの範囲外であっても防煙上、
避難階段の下部に設けることは望ましくない。(防火避難規定の解説にあります。)

第3に避難階段に通じる出入口以外で、
開口部の制限範囲内に設置できる開口部があります。
(1) 外気に十分開放された開放廊下に面しているエレベーターの出入口(防火設備)
は基本的に設置できます。(2mの範囲内にあっても)
(2)上の条件で屋外に面したパイプシャフトが、床・壁が耐火構造の場合設置可能です。
(3)開放廊下から垂直に出ている屋外避難階段からの2mのとり方は、
階段踊り場の幅をとった位置から2mとなります。

以上

トラックバックURL
運営ポリシー
住宅ローンの危険度を知り、住宅ローン・欠陥住宅にだまされない為の情報提供。



人気ブログランキングへ

住宅ローン・欠陥住宅@情報
 無料レポート