トップページ確認申請を通す条件建築基準法上、屋外避難階段の制限範囲内に設置できる窓とは!

確認申請を通す条件

こんにちはラバスト木村です。
今回は屋外避難階段の制限範囲内に設置できる窓の説明です。

開口面積が1岼米發遼媛仞瀏(はめ殺し戸)であれば、
屋外避難階段の制限範囲内に設置可能です。

具体的に説明します。
屋外避難階段の制限範囲内に1岼焚爾遼媛仞瀏(はめ殺し戸)が
壁に隔てられて2つある場合、
  その壁が耐火構造であれば別々の開口部とみなされます。
  つまり、制限範囲内に設置できます。
方立などで区切られている防火設備(はめ殺し戸)は1岼米發任△譴
  1つの開口部と見なされます。これも制限範囲内に設置できます。
窓の1部が制限範囲内である2mの範囲内にある場合、
  防火構造(はめ殺し戸)の一部が制限を受ける範囲内にあれば
  開口部全体の面積は1岼焚爾箸垢詆要があります。
片側の窓がはめ殺しで、片引き戸付きである場合
  設置はできません。はめ殺し以外はできません。

関連法規条文 令123条2項:屋外避難階段の構造
以上です。

トラックバックURL
運営ポリシー
住宅ローンの危険度を知り、住宅ローン・欠陥住宅にだまされない為の情報提供。



人気ブログランキングへ

住宅ローン・欠陥住宅@情報
 無料レポート