トップページ避難階段建築基準法上 避難階段に換気ダクトの貫通はできるか?

避難階段

こんにちは、ラバスト木村です。
今回は避難階段に換気ダクトの貫通はできるかということを解説します。

屋内避難階段も屋外避難階段も基本的には設置できません。
屋外避難階段から説明していきます。

_鯵鞍鯑餝段
 居室の外側に開放廊下があってその外側に屋外避難階段がある場合、
 屋外避難階段の外側の面から2m以内にある換気口は不可です。

 但し、計画上やむを得ない場合は設置できます。
 開口部制限2m以内の開放廊下上部のダクトが
 鉄板製ダクト厚0.8舒幣紊両豺腓論瀉屬任ます。

屋内避難階段
 鉄板厚0.8舒幣紂▲蹈奪ウール巻き25舒幣紊梁儔仆萢してあるダクトは
 屋内避難階段を貫通、設置可能です。
 計画上やむを得ない場合です。

ダクトが貫通する場合の注意点を記しておきます。
・煙が流れ出ないこと。
・避難・防火に支障がないこと。
・ダクトに耐火処理がしてあること。
・防火ダンパーを設けてあること。

関連法規条文
令123条2項:屋外避難階段の構造 令123条1項:屋内避難階段の構造

トラックバックURL
運営ポリシー
住宅ローンの危険度を知り、住宅ローン・欠陥住宅にだまされない為の情報提供。



人気ブログランキングへ

住宅ローン・欠陥住宅@情報
 無料レポート