暮らし

 「運営ポリシー
 
こんにちはラバスト木村と申します。

家を建てるという事は、普通の人は一生に一度あるかないかです。

決して失敗をしてはなりません。そのためにも

住宅ローン・欠陥住宅の問題点を徹底的に洗い出し、

建築設計をする前にあるいは、建物を購入する前に、

知識として知っておくべき事を頭に叩き込んでおきましょう。





人気ブログランキングへ

■運営ポリシー
 運営ポリシー
 当サイトのプライバシーポリシーに関する情報及び概要
■確認申請を通す条件
 <接道>
 建築基準法上、隅切りを求められる敷地とは?
 建築基準法上、接道していない敷地でも建物を建てられるか?  
 建築基準法上、前面道路における敷地の接道長さの考え方
 <前面道路>
 建築基準法上、道路幅員が一定でない場合、前面道路の幅員はどこか?
 建築基準法上、2以上の道路がある場合、全面道路はどれか?!
 <建築敷地>
 水路や道路などで分断された敷地は、「一団の土地」ではない!
 敷地内に複数の建物を建てられる条件
 <道路内の建築制限>
 敷地内に複数の建物を建てられる条件
 <用途>
 建築基準法上、2世帯住宅とはどんな住宅か?
 <床面積>
 建築基準法上、出窓が床面積に算入されない条件
 建築基準法上、小屋裏収納が床面積に算入されない条件
 建築基準法上、バルコニーが床面積に算入されない条件
 建築基準法上、屋外階段は床面積に算入するか?
 <建築面積>
 建築基準法上、建築面積に算入されない「高い開放性」の条件!
 建築基準法上、バルコニー・庇で建築面積に算入する部分は?
 建築基準法上、屋外階段の建築面積に対する考え方
 <建ぺい率>
 建ぺい率の緩和を許される敷地
 <容積率>
 特定道路からの距離により容積率の低減が緩和される
 共同住宅の共用部分は容積率に算定しない
 <地盤面の高さ>
 切土・盛土がある場合の建築基準上の地盤面は?
 建築基準法上、ドライエリアの地盤面とは!
 建築基準法上の地盤面高さの算定方法
 <軒高とは>
 建築基準法上の建物の軒高はどこを指すか
 <道路斜線>
 道路斜線の後退緩和でセットバック部分に建築できるものは?
 斜線制限の敷地が道路より高い場合の緩和
 建築基準法上の道路斜線の考え方
 <隣地斜線>
 建築基準法上、水路・公園などに接する場合の隣地斜線緩和
 建築基準法で敷地が隣地より低い場合の隣地斜線緩和
 建築基準法上、隣地斜線の後退距離とは?
 <北側斜線>
 建築基準法、敷地が隣地より低い場合の北側斜線の緩和
 建築基準法上、敷地北側が水面に接する場合の北側斜線の緩和
 建築基準法、北側斜線の考え方
 <日影規制>
 日影規制ラインの緩和
 建築基準法上、隣地が敷地より高い場合の日影規制の緩和
 <延焼の恐れのある部分>
 建築基準法 敷地内に他の建物がある場合の「延焼のおそれがある部分」の考え方
 建築基準法、「延焼のおそれのある部分」の理解の仕方
 <面積区画>
 建築基準法 防火上主要な間仕切壁とは?
 建築基準法 面積区画とはどんな区画?
 <竪穴区画>
 建築基準法 竪穴区画が必要となる場合
 <異種用途>
 建築基準法 異種用途区画とはどのような区画か?
 <防火区画・界壁>
 防火区画に用いる防火設備の仕様は区画の種類によって決まる
 <耐火建築物>
 耐火建築物 階により必要とされる耐火性能
 建築基準法 木造3階建て共同住宅で耐火建築物にしなくてよい条件
 建築基準法 3階部分が共同住宅となる場合とならない場合の違い
 <内装制限>
 建築基準法上、内装制限の適用を受ける仕上げの範囲
■建材のメーカー別比較
 断熱改修する場合の注意点
 壁と天井の取合い部で充てん断熱工法のミスを防ぐ方法
ユニットバス下まわりで充てん断熱工法のミスを防ぐ方法
階段下や床の間下で充てん断熱工法のミスを防ぐ方法
床と壁との取り合い部分で充てん断熱工法のミスを防ぐ方法
断熱施工の3大基本原則



■敷金
 敷金をもっと!取り戻す 秘伝の方法
 敷金精算の国土交通省によるガイドライン
 敷金を取り戻す上で大切な5つのポイント
■ローン全般
 金利の正しい見方をわかりやすく解説
 カードローンの返済、どの会社からですか?
 借金0への道 10のワザ

http://www.kimkaz-investmentleverage.biz/
床タイルシミ落としがなかなか落ちないという
悩みを持っている人が多いみたいですね。

専門の業者はポリッシャーがけをするそうですが、
今回は自分で落とすやり方をお話します。

汚れの種類にもよると思いますが、
目地の汚れの場合はサンポールがいいと思います。
掃除道具は亀の子たわしとスコッチブライト

泥や土汚れの場合は日本リーパのジフか日産化学のクリームクレンザー。

ペンキや油性マジックなどの汚れは
シンナーを布に含ませて擦り取るのがいいですね。

また、靴底の黒い汚れなどは(株)植木のスーパーオレンジがいいと思います。
ナイロンたわしで取ります。

床タイルのシミ落としでした。


http://flooring.husuma-qc-evidence.net/
こんにちは、ラバスト木村です。
今回は断熱改修する際の注意点について、お話しようと思います。

まず、第,防分的な改修は効果がない。と言えると思います。

・予算の都合上、外壁だけとか、普段使う部屋だけといった、部分 的に断熱改修する場合がありますが、このような改修はほとんど 全く効果がないと思った方がよいと思います。

・木造戸建て住宅では、一般的に断熱改修の対象部分として床下・ 壁・小屋裏・窓の4か所を挙げることができます。これらすべて の部分を改修することが大切です。

・次世代省エネ基準が示す効果の目安は、この4か所の部分を満た した場合の事です。

第△法換気設備の見直しが必要です。

・断熱改修では、住宅の気密性能も高まり、その結果として既存住宅の換気設備は、必要な換気量が確保できなくなるケースが出てきます。

・また、換気量が不十分だと湿気が抜けにくくなり、結露を生じ室 内の空気が汚れてきます。

・改修後に換気量をチェックし、不足しているのであれば、換気設 備を増設しなければなりません。

・トイレや浴室等の既存のファンを常時使って対処をする場合もあ りますが、24時間換気設備に取り換えるのが一般的に行われてい ます。

・さらに、断熱改修後は石油ストーブ等の開放型暖房器具や半密閉 型のガス燃焼機器を使用してはならない。

・この種の器具は結露の温床になるうえ、高補修タイプのレンジ  フードと併用すると給気量が不足して、不完全燃焼を起こす場合 もあります。

第に、断熱改修後には生活習慣を変えなければいけません。

・つまり、どういう事かというと、既存住宅で石油ストーブ等の開 放型暖房設備を使用していた場合は、改修後は絶対に使わないよ うにします。

・石油系燃料を燃やす過程では化学反応で水分が発生します。その ため、気密性能が向上した断熱改修後の住宅では、結露のトラブ ルが生じやすいです。

・断熱改修後は、冷暖房効率が改修前よりも向上するので、冷暖房 設備の使用方法も見直さなければならないですね。

こんにちは、ラバスト木村です。

今回は繊維系断熱材をメーカー別に比較して、その長所と短所を採用者の感想を通して紹介します。

まず、繊維系断熱材が何種類あるか箇条書きに書きます。

 ・ホームマット(ニチアス)
 ・ポリカットQ105(マグ)
 ・ダンレーマット(日東紡)
 ・マットエースMA10(旭ファイバーグラス)

●ホームマット(ニチアス)採用者の感想

・この製品と日東紡の「ダンレーマット」はいずれもロックウール 断熱材だが、ホームマットのほうがダンレーマットよりも硬く、 繊維が太いようだ。

・ホームマットは形状保持能力が優れているように感じる。ダン  レーマットは、若干、施工時のカットや充てんがしやすい。

●ポリカットQ105(マグ)

・ローコストで優れたQ値を比較的簡単に実現するには、最高の製 品だと思う。(ボード気密工法を前提とした場合)

・ただし、内側の防湿層と外側の気密層をきちんと理解した、設計 者及び施工者以外は使わない方が無難かもしれない。

●ダンレーマット(日東紡)

・つぶした後の復元力が小さいため、施工時に押し込むと元に戻り にくい。窓まわりなどでは施工精度を確保しにくい傾向がある。

・製品にもよるが、高性能グラスウールの方が全般にコシがあり、 緻密な断熱工事がしやすい。

●マットエースMA10(旭ファイバーグラス)

・温暖地域では、一般的なグラスウール10Kタイプである。

・木造在来工法においてグラスウール充てん工法は、適切な工事を すれば、価格と性能のバランスがとれる材料だと思う。

・しかし、仮に防湿シートを破っても補修を徹底するという作業が 出来るかどうかがポイントだろう。出来ないということを前提と するなら、他の工法や材料を考えなければならない。

・一般的な断熱材としては、コスト面からいっても無難だと思う。 ただし、筋交いなどがある場合はちょっと入れずらい。

<旭ファイバーグラスからの情報>
・グラスウールに発がん性の心配はありません。世界保健機構の下 部組織である国際がん研究機関は、人に対する発がんリスクの分 類において、紅茶・ナイロンなどと共にグラスウールを「人発が ん性に分類されない」グループ3に分類しています。

・ただ、グラスウールも一般の粉じんと同様に異物なので、作業者 は防塵マスクなどの保護具を着用するなど、吸引しないような対 策を講じる事を推奨します。

・袋入りグラスウールを覆っているフィルムのうち、室内側のフィ ルムは湿気の侵入を防ぐ防湿層です。

・壁の場合、柱と間柱あるいは間柱と間柱の間に寸法のあったグラ スウールを充てんして防湿フィルムの耳を重ねた後、見つけ面に タッカーなどで留め、施工します。

・そうすることで、防湿層を連続させ、グラスウールへの湿気の侵 入を防ぎます。防湿フィルムが損傷した場合はテープで補修しま す。これで、壁体内結露は防止できます。

・万一、湿気が侵入しても、防湿層以外のフィルムには湿気を逃が すための穴が沢山開いており、湿気は排除されます。

・このフィルムは防湿層でないため、施工上の理由で切ったり、破 ったりしても問題は生じません。

・以上のような正しい施工と共に、壁体内の湿気排出を確実にする ため、グラスウールの外側に通気層を確保することもお勧めしま す。●マットエースMA10(旭ファイバーグラス)








こんにちは、ラバスト木村です。

今回はボード系断熱材をメーカー別に比較して、その長所・短所を採用者がどう感じたかを紹介したいと思います。

まず、ボード系断熱材として、何種類あるか箇条書きに書きます。

・カネライトフォーム(カネカ)
・ネオマフォーム(旭化成建材)
・スタイロエース供淵瀬Σ醜)
・エスレンフォーム(積水化成品工業)
・アキレスボード外張りノンフロン(アキレス)

●カネライトフォーム(カネカ)採用者の感想

・蓄熱式床暖房の下地床断熱材として厚50ミリのカネライトフォー ムを標準仕様として使った。

・以前はスタイロフォームを使っていたが、工務店からカネライト フォームの方が安価に手に入るということで採用するようになっ た。

・性能に違いはないようだ。

・押出法ポリスチレンフォーム3種bは発泡樹脂が密で結構硬い。
 断熱材としてダウ化工のスタイロフォームと同じ程度だが、納入価格が安 価である。

●ネオマフォーム(旭化成建材)採用者の感想

・北海道の寒冷地にて、外断熱工法で使った。
 外壁に50ミリ厚のネオマフォームで、次世代省エネルギー基準を クリアできる性能は申し分ない。

・しかし、納入価格が高く、他社の同等性能の断熱材と比較しても かなり割高であった。

・性能的には申し分ないが、他社製品に比べて割高であるので、予 算に余裕があるときに採用している。

・ただ、不燃認定品であるので局所的にはよく採用する。

・外張り断熱にする場合、性能と薄さで候補に挙がったが、価格で 断念した。グラスウールの10倍近いコストになる。

・私たちはOMソーラー住宅を作っているので、集熱面の下は100℃ を越える温度になる。ネオマフォーム以外の発泡系断熱材では収 縮したり、膨張したりといった変形をおこしてしまう。

・水に浮かべておくと沈んでしまうので、吸水性や吸湿性の点で気 にかかっている。施工中に踏んだりしてへこましてしまうと元に 戻りにくいのも難点だ。
(旭化成建材の回答によると常時水分に接するような使用をしなけ れば、問題ありませんとの事)

●スタイロエース供淵瀬Σ醜)採用者の感想

・価格は高価だが、厚さと性能の関係からすれば、仕方ないと言え る。
 
・3種b(発泡樹脂が密でかなり硬い)という最高性能の物を指定 すること多いが、施工者の意識の中では、1種b(発泡樹脂が粗 く欠けや割れがでやすい)を想定している場合がある。

・現場では、厚さは指定されているものを使っているが、種類を違 うようにする場合がある。監理の際には注意しなければならない。

・北海道では、一般的な製品である。価格が安く、施工性も良いの で、よく使用している。

・ウレタンに比べると熱伝導率が少し高めだが、厚さを考慮して上 で採用している。

・断熱材としては、定番の製品であると認識している。加工性が良 く。価格的にも手頃なので、施工側から特に提案が無い場合 は、 この製品を採用している。

●エスレンフォーム(積水化成品工業)採用者の感想

・以前使っていたが、厚みの対応で50ミリ以上は張り合わせとなり、 その分とても割高になった。

・せめて、乎楼茲任了斗裕定で次世代エネルギー基準程度の厚さ に対応していないと使いにくい。

・土間コンクリートの断熱用に採用している。他の類似製品と比べ て、諸性能が異なる。例えば、肌触りや粘りなど微妙に違ってい る。砕石の上に敷くには良い製品だ。

●アキレスボード外張りノンフロン(アキレス)

・営業マンの一人一人が断熱に関する正確な知識を持ち合わせてい る。

・価格だけを見ると、決して安い買い物ではないが、費用対効果か ら見ると、この会社の製品には価値がある。

・施工性の問題で厚くなった場合に、例えば厚さ50ミリではビスが 長くなり、施工が困難になることがある。



こんにちは、ラバスト木村です。

今回は充てん断熱工法によって壁を施工する場合、天井との取り合い部分が工事の手順の違いによって、ミスを犯す個所として注意すべき場所です。

壁の断熱工事は野縁を組む前に施工し、断熱材を胴差や桁まですき間なく取付ける事が大事です。

断熱材を充てんした上で、構造用合板や石膏ボードなどの下地材を張り付ける。そのあとで野縁を取り付ける。

壁断熱工事をしないで、先に野縁の工事をしてしまうと、野縁より上方にある壁の断熱工事は、遣り辛くなってしまいます。そして、欠損個所を生む恐れがでてくるので、注意を払う必要が出てきます。

現場の施工者の中には、木工事の作業を慣習的に野縁の方を先にする人もいます。断熱工事に関する知識が十分にないと、こうしたやり方も気付きにくいですね。
作業手順を細かく打ち合わせて、施工することが大事です。


 次に、天井が直接傾斜屋根面に接している場合、壁と天井への断熱工事で、桁と屋根の間に生ずる三角のすき間に、断熱材を入れ忘れる事があります。

こうした場所は、現場発泡系の断熱材を使います。1液タイプのスプレー式断熱材を使用してすき間を塞いでいきます。気密シーリングとしての効用が出来、このように少しのすき間も無くすようにすることが、断熱工事のミスをしにくくする方法です。
こんにちは、ラバスト木村です。

今回は充填断熱工法でのミスが発生しやすい場所としてユニットバス周りの断熱材についてお知らせします。

ここの断熱工事で間違いやすいのが、段取りのミスによる断熱材の張り忘れです。

一般的に断熱工事は木工事の後に施工しますが、断熱工事まえにユニットバスを搬入してしまい、その背後になる部分に断熱材を取り付けるのを忘れてしまう。

これが断熱層の欠損部分を生じさせてしまう原因になります。

ユニットバスや断熱材の搬入の段取りなど、工程管理をしっかり組まなくてはいけません。

一つの予防策として、浴室下の基礎の内周部を先に断熱工事をしてしまうやり方があります。基礎コンクリート打設時に、ボード系断熱材を先に取り付けて一体化させる方法です。

ではまた!



こんにちは、ラバスト木村です。

今回は充填断熱工法でのミスが発生しやすい場所という事で、階段下やとこの間下の断熱材の入れ忘れについて注意を喚起します。

木造軸組住宅で一階部分のゆかに断熱材を入れる工事をするには、ネダや大引きの間に入れるのが一般的ですが、場所によっては根太がない場合があります。

たとえば、一階ゆかで階段や床の間または押入でネダを設けていない場合があります。このような場所では、現場の施工者に断熱工事の知識が不足していますと断熱材を入れ忘れてしまうことがあります。

そのまま気付かずに床下地を張ってしまうと、断熱材が入っているのかどうかわからなくなってしまいます。断熱層に穴が開いた状態になり、断熱性能が大きく低下します。

このような場所があるときは、断熱材の受け材としてネダを設ける必要があります。現場の施工者との細かな打ち合わせ手順の確認をする必要があります。
こんにちは、ラバスト木村です。

今回は、断熱施工の注意点として、ミスが発生しやすい場所(床と壁との取り合い部分)の説明を致します。

断熱の施工で見落としがちなのは、空気の流れに関する視点です。結露のトラブル防止では最も重要なポイントです。

具体例をいいますと、充填断熱工法で施工をした場合、木造軸組み住宅では、壁内が床下や天井裏と繋がっています。室内で暖房すると壁内の空気が暖まり、上昇気流が生じてきます。

床下等から空気が壁内に吸引されて、壁内や小屋裏での結露のトラブルになります。

こうした結露の防止策として、壁につながる床や天井との取り合い部分に空気の流れを止めるものを取り付けることが重要です。

その方法は乾燥木材や断熱材の端材を使用して空気の流れを止めることです。

剛構造の場合は、床合板自体が空気の流れを止める役割を果たします。そのほかの方法として、壁面に機密シートを軒桁から土台まで先張りし、気流を止める方法もあります。

特に、間仕切り壁の時は気流止めの工事が忘れやすくなるので、充分注意して下さい。いずれの壁にしても内装下地材の工事後は見えなくなるので、工事管理は重点的にチェックして下さい。
運営ポリシー
住宅ローンの危険度を知り、住宅ローン・欠陥住宅にだまされない為の情報提供。



人気ブログランキングへ

住宅ローン・欠陥住宅@情報
 無料レポート