用途

正解は
建築基準法上は2世帯住宅は「戸建住宅」
「長屋」「共同住宅」などの建物用途によって分けられます。

具体的にいうと、
仝遊住宅に該当する2世帯住宅の条件とは。
<玄関やキッチンが別れていても戸建住宅と考える条件>
・住宅内部で容易に行き来できる。
・水廻りの共同使用など、生活の一体性があること。

長屋に該当する2世帯住宅の条件とは。
・住宅内部で隣住戸に行き来できない。
・水廻り全てが各住戸で独立していること。
・共用部分をもたない独立住戸の集合住宅のこと。

6ζ噂斬陲乏催する2世帯住宅とは。
・廊下や階段など共用部分をもつ集合住宅の事を言う。

注意事項として、(令129条の3第2項)
共同住宅の場合、昇降設備としてホームエレベーターは使用することができない。

運営ポリシー
住宅ローンの危険度を知り、住宅ローン・欠陥住宅にだまされない為の情報提供。



人気ブログランキングへ

住宅ローン・欠陥住宅@情報
 無料レポート