床面積

こんにちは、ラバスト木村です。
きょうは、出窓が床面積に算入されない条件について説明します。

床面積に算入しない出窓の条件を下に記します。
・出窓の下端が(室内側から)床面から30センチ以上離れること。
・外壁から50センチ以上突き出さないこと。
・窓の幅が出窓全体の幅の1/2以上あること。

但し注意が必要な事項があります。
<床面積に算入しなければならない出窓>
―仭襪硫虻形状が建物屋根と一体化していて、
出窓下を収納として利用している場合。
⊇仭襪料襪慮付が出窓全体の見付の半分より小さい場合。
床面積に算入されない他の条件を満たしていても、
出窓の外壁からの出が50センチ以上あると
床面積に算入しなければならない。

以上です。

こんにちは、ラバスト木村です。
今回は小屋裏収納が床面積に算入されない条件を解説します。
まず、基準法を記し、そのあと注意ポイントを記しますね。

・小屋裏収納の最高内法高さが1.4m以下で、
かつその水平投影面積が、下階の床面積×1/2未満であれば、
床面積に算入しない。

<注意ポイント>
・高さは最高内法高さであって、
平均天井高さではないので注意を要します。

・特定行政庁によっては、
はしごや階段は利用形態を制限しているところもあるので要注意です。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
☆その他収納に関する床面積の取り扱い

。韻弔僚斬陲乏銅鐚納が複数ある場合は、
・各階ごとの収納面積の算定のほかに最高内法高さ≦1.4mとする。
⊂絏竺で収納が重なる場合は、
・重なる部分の高さの合計≦1.4mとする。
・面積を算定する際は、2階床下収納部分と、
1階天井裏収納部分にわけて算定する。
・2階床下収納と1階天井裏収納の重なる部分が1.4を超える場合は、小屋裏収納とはみなされません。

こんにちは、ラバスト木村です。
今回はバルコニーの床面積算入に関する話です。

外気に有効に開放された(下記´△両魴錙
バルコニー部分は、先端から2メートルまでは床面積に参入しません。

[拊篭界線からの離隔距離を1メートル以上確保する。
⊆蠅垢蠑緝瑤粒口部が確保されていること。
 h1≧1.1mかつh1≧1/2×h2
 h1=手すり上部の開口部高さ
 h2=バルコニー床上部からバルコニー天井までの高さ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・
その他各種バルコニーの床面積の扱い方法

A.建物との隔離距離が2m未満の場合、その部分のバルコニーは床面積に入れる。

B.ルーフバルコニーで屋根のない部分は、床面積に参入しない。

C.コの字型バルコニーの場合、引っ込んでいる部分の幅は2m以上確保する。
また、敷地境界から引っ込んでいるバルコニーの手すり面までの奥行きは、
行政庁で距離を定めている場合もあります。

今回は屋外階段の床面積が算入されない条件を紹介します。

ヽ段のみを支える壁柱がある場合は、床面積に算入しない。

一部が壁などに囲まれている場合、
B≧A×1/2であることが算入しない条件。

 ・Bとは外壁から踊り場の端部までの長さ。
 ・Aとは各階の踊り場端部から途中の踊り場端部までの長さのこと。

パイプ格子などで覆った場合、

・簡易なパイプ格子などで、
 パイプ格子の見付け面積1/2以上の隙間を設けて設置する場合、
 基本的には床面積には算入しない。

い修梁召箸靴董⇔拊篭界線に近い場合があります。
運営ポリシー
住宅ローンの危険度を知り、住宅ローン・欠陥住宅にだまされない為の情報提供。



人気ブログランキングへ

住宅ローン・欠陥住宅@情報
 無料レポート