建築面積

こんにちは、ラバスト木村です。
きょうは、建築面積に算入されない「高い開放性」の条件についての説明です。

平5建告1437号に
「高い開放性を有すると認めて指定する構造」の条件が書いてあります。
下に記します。
・外壁のない部分が連続して4m以上ある
・柱の間隔が2m以上ある
・天井の高さが2.1m以上ある
・地階を除く階数が1のもの

高い開放性を有する部分の例をあげます。

|漏を除く階数が1(平屋)の場合。
 2階部分が屋根のないバルコニー等の場合は、
 1階の開放廊下の部分を階数1(平屋)とみなし、
 高い開放性を適用することができる。

▲丱襯灰法爾領消爾紡喫匹あり、階数が1の場合
 両端に袖壁がある場合でも、外壁に面している部分が、4m以上あれば「高い開放性」を適用することができる。

8軸悒檗璽舛糧澆鯊喫匹斑譴濃抻している場合、
 外部に面している部分が4m以上あれば、
 「高い開放性」を適用することができる。

こんにちは、ラバスト木村です。
きょうは、バルコニー・庇で
建築面積に算入する部分に関する説明です。

基本的考え方は、
外壁・柱から突出した片持ちのバルコニー・庇は、
「跳ね出し縁その他これらに類するもの」として扱い、
跳ね出し部分は先端から1mまで建築面積に算入しない。

バルコニーの形状によって建築面積の取り扱いが違う。
.丱襯灰法爾侶曽がL型に建物が引っ込んでいる場合、
先端から1mまでは面積に算入しない。

▲丱襯灰法爾3面が壁などで囲まれている場合、
跳ね出しとは扱われず、全部建築面積に算入される。

H澆箸覆辰討い襯丱襯灰法爾硫爾法∋拊譴ある場合、
柱から内側は跳ね出しとならず、基本的に建築面積に算入する。

以上です。

こんにちは、ラバスト木村です。
きょうは、屋外階段の建築面積の扱い方に関する説明です。

基本的考え方
外壁・柱から突出した片持ちの屋外階段は、
「跳ね出し縁その他これらに類するもの」として扱い、
跳ね出し部分は先端から1mまで建築面積に算入しない。

具体的に4つのパターンで説明します。
4本の柱で支える場合
 跳ね出しとみなされず、建築面積に算入される。
階段のみを支える構造壁が中央にある場合
 先端から1mまでは算入しない。
上の二つ以外の屋外階段で
 建物の中まで一部入り込んでいる階段は
 先端から1mまでは算入しない。
ぢ喫2枚に挟まれた独立した屋外階段の場合
 袖壁部分は芯まで県k地区面積に入れる。
 また、それ以外の部分は先端から1mまでは算入しない。

以上です。

運営ポリシー
住宅ローンの危険度を知り、住宅ローン・欠陥住宅にだまされない為の情報提供。



人気ブログランキングへ

住宅ローン・欠陥住宅@情報
 無料レポート