容積率

こんにちは、ラバスト木村です。
今日ご紹介する内容は前回に引き続き容積率の緩和に関する事です。
「特定道路からの距離により容積率の低減が緩和される」この内容で説明します。

まず、特定道路とは幅員が15m以上の道路を言います。
容積率は用途地域と前面道路の幅員によって決まってきますが、
今回説明する内容は敷地が特定道路に近ければ近いほど容積率の緩和がされるというものです。

しかし、その距離は特定道路から70m以内に限られます。その距離のことを延長Lと言います。
且つ、敷地の前面道路は6m以上12m未満です。

延長Lとは前面道路が特定道路と接続する部分の中心を起点Aとすると、
敷地の道路境界線上で特定道路に一番近い点をB、そこから前面道路中心線に垂線を下ろした点をCとする。
前面道路中心線上の起点Aから点Cまでの距離を延長Lと言います。

特定道路から距離70mまでの間のどの位置(L)に敷地があるかによって緩和率が決まってきます。
起点Aの道路幅を最大の12mとし70m地点での道路幅が0mとした三角形を考えた場合、
B地点での道路幅Wが従前の前面道路より(70-L)/70の割合で緩和される。

よって緩和された前面道路幅W×6/10(または4/10)が緩和後の容積率になります。

こんにちは、ラバスト木村です。
きょうは「共同住宅の共用部分は容積率に算定しない」ということの説明です。

この容積率に算定しないという意味は、建物の延べ床面積にはもちろん入ります。
しかし、容積率の算定をする際には延べ面積には算入されないという意味です。

それでは具体的に見ていきましょう。
共用廊下や階段部分は容積率を算定する場合の延べ面積には算入しないと言いました。
しかし、その中でも延べ面積に算入する部分があります。

その算入する部分を紹介していきます。
(品の保管するところやエレベーターシャフトの部分
⊇仭覯爾鮗竺圧|屬場に利用している部分
D未衄瓦噂侏茲覆ね絞惻けコーナー部分。風除室などに郵便受けコーナーがある場合は算入しない。

少し解りにくい所もあるのでその注意点を述べておきます。
共用住宅の開放廊下に面する玄関(アルウコーブ型)が廊下手すりより2m以上奥まっている場合、
2m以上の部分にあるアルコーブは延床面積には算入されますが、容積率には算入されません。
以上重要ポイントを紹介しました。
運営ポリシー
住宅ローンの危険度を知り、住宅ローン・欠陥住宅にだまされない為の情報提供。



人気ブログランキングへ

住宅ローン・欠陥住宅@情報
 無料レポート