隣地斜線

こんにちは、ラバスト木村です。
今回は水路・公園などに接する場合の隣地斜線の緩和について説明します。

この場合の緩和には仝園・河川等による緩和飲みの場合と
公園・河川等による緩和+建物後退による緩和があります。

,両豺腓領拊篭界線はは公園・河川等の幅の1/2だけ外側になります。
 その地点から立ち上げたラインが斜線制限ラインになります。
 斜線制限ラインは20m(31m)立ち上がり、その地点から1.25(2.5)/1の傾きで斜線が引かれます。
 その内側まで建物が建てられます。

△両豺舂拊篭界線は(公園・河川等の幅の1/2)と(建物後退した寸法)との和の合計距離点となり、
 その地点から立ち上げたラインが斜線制限ラインになります。
 斜線制限ラインは20m(31m)立ち上がり、その地点から1.25(2.5)/1の傾きで斜線が引かれます。
 その内側までたてものが建てられます。

関連する法規の条文を記しておきます。
 法56条1項、6項:隣地による高さ制限。
 令135条の3第1項:隣地との関係についての高さ制限の緩和。
 令135条の3第2項:特定行政庁による地盤面の指定。

こんにちは、ラバスト木村です。
今回は敷地が隣地より低い場合の隣地斜線の緩和について説明します。

もう少し具体的に言いますと、
敷地の地盤面が隣地より、1m以上低い場合(H-1)/2だけ敷地の地盤面が高いとみなされます。
Hというのは隣地と実際の地面との差を指します。

|枠弭眥禳垢砲茲覺墨造世韻両豺
 法面の下部を隣地境界線とした場合、そこから建物を建てた時に
 建てられる高さは20m(31m)+(H-1)/2になります。

◆蔽枠弭眥禳垢砲茲覺墨臓+(建物の後退による緩和)がなされた場合
 法面の境界線から敷地側にL後退した場合、隣地側にもL後退したところが隣地境界線となります。

 以上で隣地斜線の緩和により、建物が高くたてられようになります。
こんにちは、ラバスト木村です。
きょうは隣地斜線における後退距離についての説明です。

建築基準法上、隣地における高さ制限が設けられています。
その法律は基準法56条1項2号に載っています。

具体的に説明していきます。
隣地斜線の後退距離とは、高さが20mあるいは31mを超える部分の外壁面と
隣地境界線との最短水平距離のことを言います。

20mは住居系用途地域で、31mは商業、工業系用途地域に設定されています。
20m(31m)を超える部分の外壁面とは例えばバルコニー等があればその先端になります。

もちろん20m(31m)を超えない部分は後退距離はありませんから、
そのライン(後退距離)での建物の形状は変わりますね。

敷地が内側に引っ込んでいるような形状に変形している場合の後退距離は
建物(高さ20mまたは31mを超えるぶぶん)に一番近い敷地(地点)からの距離が後退距離となります。

以上が隣地斜線の後退距離の考え方でした。
運営ポリシー
住宅ローンの危険度を知り、住宅ローン・欠陥住宅にだまされない為の情報提供。



人気ブログランキングへ

住宅ローン・欠陥住宅@情報
 無料レポート