日影規制

こんにちは、ラバスト木村です。
今回は日影規制ラインの緩和、
とりわけ接する道路の幅員によって規制ラインが異なることについての説明です。

”瀉呂棒椶垢詁始幅員が10mを超える場合
 規制ラインは接する道路の向こう側の道路境界線から5m内側に敷地境界線があるものとみなし、
 そのラインから外側に5mライン、10mラインを取るようにします。

敷地に接する道路幅員が10m以下の場合
 この場合の規制ラインは道路幅員の半分だけ外側に敷地境界線があるものとみなし、
 そこから、外側に5mライン、10mラインを取るようにします。

以上規制ラインの緩和の説明でした。 

こんにちは、ラバスト木村です。
今回は日影規制について説明します。

その中でも隣地が高い場合の日影規制の緩和についての説明です。
まず基本認識として、日影における高さを算定する基準レベルを知っておきましょう。

基準レベルは平均地盤面をいい、これは建物が周辺の地盤と接する位置の
平均の高さにおける水平面からの高さをいいます。

また、日影の測定面高さは敷地の平均地盤面の高さ+4mを言います。
(4mという数字は用途地域によって1.5m、6.5mとなる場合がありますから注意です。)

それではこの基本を頭にいれて緩和についての説明です。
隣地が敷地の地盤面より1m以上高い場合、
(H-1)/2だけ敷地の平均地盤面が高いものと見なされます。
Hは隣地との高低差のことです。
(H-1)/2だけ緩和されたと言う事です。
隣地における日影測定面高さは(H-1)/2+4mとなります。

関連法規条文として
 法56条の2、法別表4:日影による中高層の建築物の制限・平均地盤面の定義
 令135条の12:日影による中高層の建築物の制限の緩和
 があります。
運営ポリシー
住宅ローンの危険度を知り、住宅ローン・欠陥住宅にだまされない為の情報提供。



人気ブログランキングへ

住宅ローン・欠陥住宅@情報
 無料レポート