異種用途区画

建築基準法 異種用途区画とはどのような区画か?

こんにちは、ラバスト木村です。
今回は異種用途区画とはどのような区画かという説明です。

異種用途区画には令112条第12項と13項の2種類があります。
複数の用途がある場合、用途によっては
他の部分との間に防火区画(異種用途区画)が必要になります。

異種用途区画には2種類あるといいましたが、1種類目は
対象物は一部が法24条の各号に該当する特殊建築物です。
法24条とは木造の特殊建築物や大規模建築物の外壁などの構造のことが書いてあります。

2種類目は一部が法27条に該当する特殊建築物です。
法27条とは耐火建築物または準耐火建築物としなければならない特殊建築物のことです。

では具体的に説明していきます。
〃物の一部が法24条各号の特殊建築物のいずれかに該当する場合(令112条12項)
 例えば3階建ての建築物があるとします。
 ・1階には床面積が50岼幣紊涼鷦崗譴隼務所が入っています。
  その場合駐車場と事務所との壁は
  耐火構造または準耐火構造で区画しなければなりません。

 ・2階、3階には事務所と200岼幣紊料匕砲入っているとします。
  その場合、事務所と倉庫との壁は
  耐火構造または準耐火構造で区画しなければなりません。

 ・まとめです。
  特殊建築物の部分とその他の部分を
  耐火構造または準耐火構造の壁・防火設備(遮煙性能を有するもの)で区画する。

建物の一部が法27条により
 耐火建築物または準耐火建築物としなければならない建築物の場合(令112条13項)
 例えば3階建ての共同住宅の場合
 ・1階に事務所と床面積150岼幣紊涼鷦崗譴ある場合は
  事務所と駐車場との壁は
  耐火構造または準耐火構造(1時間)で区画しなければなりません。

 ・1階に150岼幣紊涼鷦崗譴ある場合、
  1階と2階の間の床は
  耐火構造または準耐火構造(1時間)で区画しなければならない。

 ・まとめです。
  特殊建築物の部分とその他の部分を
  耐火構造または準耐火構造(1時間準耐火)の
  床・壁・特定防火設備(遮煙性能を有するもの)で区画すること。

 以上異種用途区画の説明でした。

 関連法規条文
 令112条12項、13項:異種用途区画
 令112条14項:防火区画に用いる防火設備等

運営ポリシー
住宅ローンの危険度を知り、住宅ローン・欠陥住宅にだまされない為の情報提供。



人気ブログランキングへ

住宅ローン・欠陥住宅@情報
 無料レポート